晩暖芙 窟燕噐 2016-3-20 13:56:34

N1/P116なり

N1/P116なり


梓孚´察議揖扮
健曇には健曇なりの尖喇があるの
貧の繁の房いのままになり、採の協ももっていない 油鴇貧遊畏下,短嗤販採麼需
房いのままにする 貫伉侭圀
房いのままに\喘する 塰喘徭泌 

爺和措Roきにあらず荻Soきなり┐覆=であり  
嬬わざるには掲ず蕕気兇襪覆蝪┐覆=であり 掲音嬬匆頁音葎匆参司撚残棕遇頁音恂
\は爺の祇なり、繁の祇にあらず 

油凪徭隼油販油鴇率率典典。┐覆襪ままに。
酢れ肝及   販凪酢流。
繁の冱いなり肝及になる   率凋頁貫販繁畏下
冱いなり‐いいなり/
‐兆/
率凋頁貫為卆為乏。冱うがまま。冱うとおり。いうなり。
  なんでも繁の冱いなりになる。某坐短嗤麼需。販繁畏下。

いうなり‐冱う撹り/
仝 冱い撹り 々に揖じ。
仝Hのになる々

いうなり‐冱う撹り/
仝冱い撹り々に揖じ。
仝すぐ繁の冱う撹りになる々

いいなり‐冱い撹り・冱撹り/
o答登に繁の冱~に惄Δ海函Q圓Δまま。冱うなり。
仝繁のになる々

いいなりしだい‐冱┐ぃ撹り肝及/
冱うがままになること。いいなり。いいなりほうだい。
仝Hの冱い撹り肝及にはならない々

いいなりしだい‐冱い撹り肝及・冱撹り肝及/
採もかも冱うとおりになること。またそうすること。

いいなり‐冱┐ぃ撹り/
冱うとおり。冱うがまま。いうなり。
仝徨工の冱い撹りになるH々

いいなりほうだい‐冱い撹り慧}・冱撹り慧}/
仝 冱い撹り肝及 々に揖じ。

いいなりほうだい‐冱┐ぃ撹り慧}/
仝冱い撹り肝及々に揖じ。
仝貧叨の冱い撹り慧}に咾々

いいなりさんぼう‐冱ひ撹り眉右/
仝冱い撹り肝及々に揖じ。
[ah
隈筆の眉右のように、麿繁の冱うことを恊嶷する吭龍からか。
仝押繁のDにしてあげなせえ々

いいなりさんぼう‐冱い撹り眉右・冱撹り眉右/
冱いなりにしたりさせたりすること。冱い撹り肝及。
仝押繁のにして貧げなせえ々

廣吭困泙湟擺亡Φ柘歎─吭房貧犁詠擇覆


泳は冱うがままになる桑溌だ麿頁匯訳儕措議心社昂  
輝r暴は_かにo薦で繁のなすがままだった
椎扮厘鳩糞涙嬬葎薦油鴇繁社畏下
繁は淫供とまな医で,徭蛍は~と扉である。繁のなすがままになっているたとえ
繁葎偽掵,厘葎噬扉
なるがままに販せる販凪徭送
恬宀は書指のLについて寔gのあるがままの偃峰をした
恬宀委宸肝恵諒恬阻寔俳泌糞議偃峰  
泳は徭蛍のたどって栖た}jなU^をあるがままにいた   
麿委徭失侭将煽議爆孵泌糞仇亟竃栖阻
埴はあるがままに貧叨に鷂罎垢戮で懸せておくのはいけない
低駅倬泌糞鯢麓況貫械音勣嬉托懸
埴は彜rをあるがままけばよい硫ひれをつけてありもしないことをいてはいけない
低祥析析糞糞亟苧秤趨麻阻音勣永久伏雑晴  
恬宀は`易宙¨の返隈で麼繁巷の丗捲・嘛をすべてあるがままに壅Fした
恬宀塰喘易宙議返隈委麼繁巷議刊彭、強恬脅泌糞仇壅崛乏栖

なすがまま ‐なすがまま/
販凋塰、芙氏吉畏下瓜´´畏的/嘲的/螺的

あるがまま‐壓るが/
gHにあるその彜Bのまま。ありのまま。

嗤(あ)るが(まま)
書ある彜Bのとおりで。書のまま。そのまま。仝晩械伏試を嗤るがにとらえた亟寔々

蕕后召覆后植
‐麿強,匯窃/
恂葎。揖おこなう。する。
  鋲を蕕后葎鋲。
  蕕垢垢戮發覆ぁ音岑侭企。
  すること蕕垢海函侭恬侭葎。
  蕕垢ままにまかせる。販凪徭送。
  なせば撹る。泌惚肇恂祥嬬撹孔。
  爺のなせるわざ。貧爺議芦電酸鰐賻議委老珊躙舞垢。
  弔い鰛じて牽と蕕后廬事葎牽。


撹り佩き‐なりゆき/£
‐兆簡/
1. 強鬘迫米桟婢狛殻四寅藤延濡處延蚕畊潤蕉。麗並が卞り笋錣辰討罎徨や^殻。
並の撹り佩き。/並蓑議窟婢。
登の撹り佩き。/霧登議序婢秤趨。
撹り佩きに販せる。/油凪徭隼。
撹り佩き肝及で深えなくてはならない。/駅倬功象秤趨議窟婢紗參深打。
撹り佩きをた貧でQめよう。/心心潤惚泌採壅佩畳協。
2. ヾ斌ゝ┣子藏┝杆顳梓扮勺匡歯。函哈で、卆m宀が凹と方楚だけを峺協して、カ里呂修rので噎Iうするよう廣猟すること。
撹り佩きカ痢/扮勺。
撹り佩き噎I。/扮勺住叟。

販せる‐まかせる/
麿強簡・匯粁/屈窃
1. 溜熔四亳僑蚕燦。徭蛍のすべきことを麿の繁に旗佩してもらう。
碧並を蜘に販せる。
委垢恬溜熔公蜘慕┫一。
徨工のしつけは溺型に販せっきりだ。
頃徨議社縮畠喇析禿栖砿。
2. 油販使瞭升子使痢徭蛍の吭崗によらないで、麿の薦のままに咾。
云繁の登僅に販せる。
販鴇云繁登僅。
\を爺に販せる。
油爺喇凋。
徭隼の撹り佩きに販せる。
油凪徭隼。
3. 勝薦讃〜殖史耒帖┐△襪世韻里發里鯤蛍に旋喘する。
怎に販せてiく。
佚化遇佩。
薦に販せて嬉ん店る。
聞勝侭嗤薦楚店嬉。
署に販せてgをする。
博怖自圀。
4. 揖採せる。

まかせる‐販せる・溜せる/
咼杵岱
枸庁 サ和屈 まか・す
徭蛍の慙泙覆匹鯔の繁にjって碧並を旗佩してもらう。ゆだねる。まかす。
仝糾を連徨に・せる々 仝埴の登僅に・せる々
猜屬里覆垢ままにさせる。まかす。仝ご誅颪烹・せる々 仝猜屬療垢襪烹・せて丘森しない々 仝附を・せる々 仝\を爺に・せる々
Mむままにしておく。まかす。 仝怎に・せて表祇をiく々 仝Pに・せてきBねる々
∠ 麗並が徭隼に容卞するのをそのままにする。慧崔する。まかす。 仝優を残れるに・せる々 仝撹り佩きに・せる々
⊥ 徭蛍のもっている薦やrgを噴蛍に聞う。まかす。 仝薦に・せてドアを兀しあける々 仝肋に・せて云をiみあさる々
⌒ ある並凹に惄Α 仝る侭なく箭あらむに・せて´きびしう佩なへ坿箆 厰溺々

なりあい_なりあひヽ‐撹り栽ひ/
枌・侘咼淵蝪櫃覆襪ままにすること。なりゆきにまかせること。
仝書晩をDに頂らしぬ々
なりわい_なりわひヽ‐撹り栽ひ/
枌・侘咼淵蝪檗犬覆蠅△ぁ垢厘篁。
仝Dの局弊は僕るものなり々 

なりわい‐撹り栽ひ/_仝なりあひ┳漂錬々のヽなるがままであること。撹り佩きにまかせること。
仝峪屎岷にしてに匯伏を僕らんは々



匈: [1]
臥心頼屁井云: N1/P116なり